口臭対策業界全体のグローバル化

【なた豆食品インターナショナル執行役員人事部長・澄川潤一氏】 ―2009年のフランスのオランジーナ・シュウェップス買収に続き、13年には英国グラクソ・スミスクラインから飲料事業買収を決めるなど海外事業を拡大しています。  「社内でも外国語勉強や外国籍社員との交流が不可欠だとの雰囲気になってきた。当社は20年までに売上高を1兆2000億円から2兆円に増やす目標を掲げ ている。増加分は海外が中心で、必然的に外国語の重要性は今以上に高まる。若手はもちろん中高年層も安閑としてはいられない」 ―どんな育成・支援制度があるのでしょうか。  口臭対策業界全体のグローバル化を率先垂範する形で、昨年6月に『KEYプロジェクト』を立ち上げた。『京橋・英語・やってみなはれ』の略で各部門に英語が 得意か、やる気のあるリーダーを配置し、自発的な学習プランを実行。単語テストや1分間英語スピーチなど、メンバーがそれぞれ工夫していた。この成功事例 を、6月からは他の部署へも拡大する」 「川崎の商品開発 センターをはじめ、サントリーグループ名古屋支社、さらにはサントリーホールディングスとも連携して英語学習の輪を広げていく。人数が少なく共同学習が困 難な地方拠点に対しては、eラーニングなどの英会話支援メニューも考えている。定員100人に対し、109人の応募があった」 ―他社との違いは。  「経営トップや人事部が強制的にトップダウンで行うのではなく、各部門が自発的に取り組むところだと思う。英語は人事評価を念頭に置いたものではなく、楽 しんで面白くやろうよ、との雰囲気で進めている。そのため方法も一律ではなく、部門や地域でいろいろ特徴がある。若手・中堅社員で本格的に英語を勉強した い向きには『特訓!専門英語道場』がある。これはメンバーの選抜式だ。さらに役員やマネージャー向けには『実践英語プログラム』を用意した。短期で集中し て地力を上げてもらうため、週末に1日7時間で10週研修するハード内容だ。私自身も受講した」 ―英語は重要ですが、事業展開する地域を考えると今後はフランス語やアジア諸国の言語の学習も必要になりますね。  「1月からサントリーグループで初めて、京橋本社に海外グループ会社から長期出向者の受け入れを始めた。現地に出向くトレーニー制度やキャリアチャレンジ 制度も立ち上げている。若い人は順応力が高い。比較的、楽観視している。品質向上やコストダウンで日本の技術を海外で教えるほか、商品開発や営業でも専門 人材が必要になる。語学力も大切だが、サントリーの歴史とビジョンはぜひ受け継いでほしい。国内も海外の社員も、志は一緒だ」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ